margin

平和学習の事例紹介(その他)

平良市立南小学校(2005年6月8日)

 6月8日、平良市立南小学校6年生74人が平和集会を行いました。
 はじめに、沖縄戦を映像で追体験する記録映画「戦場ぬ童」を鑑賞し、続いて行われた平和集会では、生徒代表が沖縄の伝統楽器の三線とリコーダー、キーボードで演奏する歌謡曲の「島唄」にのせて、恒久平和を祈る「平和の詩」を個人・男女別・全員の交互で読み上げました。奏でる音楽とともに、生徒が力強く訴える一言一言は堂内一杯に響きました。
 最後に、生徒代表による千羽鶴の献納と全員で戦没者へ鎮魂の黙祷を行い平和集会を終えました。
0501_平良市立南小学校
 

東京都立小岩高等学校(2001年10月9日)

 10月9日、東京都立小岩高等学校第2学年(151名)が2班に分かれ、白梅学徒(第二高女)看護隊の語りべである崎山麗子氏(写真上)と、ひめゆり(女子師範・第一高女)証言員の島袋淑子氏(写真下)を招いてそれぞれ平和講演会を行いました。
 生徒たちは、二人が訴える沖縄戦の実態について、熱心に耳を傾け、あらためて悲惨な戦争と平和の尊さを深く胸にとどめていました。
0502_東京都立小岩高等学校
 

群馬県立富岡東高等学校(2000年10月18日)

 10月18日、群馬県立富岡東高等学校2年生236人が沖縄平和祈念堂を訪れ、沖縄県観光ボランティアガイド友の会会長の長田勝男氏を講師に招いて平和講演会を行いました。
 長田氏は、戦前に学校で体験した皇民化教育と軍国主義のことと、沖縄戦当時に鉄血勤皇隊(師範隊)として参戦したときの模様を 持参した沖縄戦線の地図を示しながら詳しく語りました。 死の淵から生還した講師の体験談に、戦争を知らない生徒たちも真剣に聞き入っていました。
0503_群馬県立富岡東高等学校
 
 
ezLog 編集