margin
佼成学園高校の生徒による修学旅行感想文

沖縄の悲劇から(平和に向けて)

「季刊沖縄」第18号、2000年10月31日発行に掲載
佼成学園高等学校2年生男子生徒
 

戦争体験者の話を聞いて

 修学旅行先の沖縄に行く前のレポートで私は、沖縄戦のことを知るために沖縄戦の展開と戦後のUSCAR(ユースカー=米国民政府)について、そしてアブチラガマなどで、何があったかを調べました。調べていくうちに、沖縄戦の悲惨さ、特異性などが解り、沖縄戦がいろいろな戦争の中でも、特別視されている理由がわかりました。私は、このような戦争は二度と起こしてはいけないし、戦争自体をなくしていかなければいけないと思いました。
 修学旅行で、私達は、実際に戦争を体験した人のお話をきくことが出来ました。その人の言葉は、すごく重みがありました。私は、あれほど重みのある言葉は、たぶん聞いたことがないと思います。事前に調べたことを、実際に体験した人にうかがうことができて、とても良かったです。やはり調べるよりも、実際に聞くほうが、得るものは大きかったです。
 ひめゆりの塔では、実際に看護婦をしていた人にお話をうかがうことができました。一緒に看護婦をしていた、たくさんの友達が亡くなったことや、怪我した人を救えなくて悔しかったこと、日本軍の兵士だからといって、脂汗を浮かべながら、麻酔を使わない手術に声一つ出さないで、耐えていた兵士のことなどを、お聞きすることができました。また、糸数壕では、この壕で起こったことなどを、実際に起こった場所で、実際に体験した人が語ってくれたので、ほんとうに戦争による恐怖を体験できました。特にその当時は、真っ暗にしていたというので、明かりを全部消してもらった時には、こんな状況の中で、死と隣合わせになっている恐怖は想像を絶するものがありました。
 

地元高校との交流会で感じたこと

 また私は、現地の高校生との交流会にも出席しました。その時の話し合いは、とても実りのあるものでした。その時に感じたことは、やはり、現地に住んでいる人にしか解らないようなことがあるんだな、ということです。たとえば、基地があるため、どこかに行く時、遠回りしなければいけないということがあるのです。そういう実際に現地で生活してみなければ、分からないことを、聞くことが出来ました。それから、軍事基地で働いている人もいるので、基地がなくなると仕事がなくなって困るのではないかという意見を沖縄の高校生から聞きました。しかしそれが本当にそうであろうか、私は疑問に思いました。確かに、基地に仕事を持っている人もいるでしょうが、基地が返還されれば民間の産業を興し、雇用は十分確保できるのではないかと思いました。
 また、6月23日は慰霊の日とされていて、学校は休みです。12時になると、黙祷を捧げる習慣が出来ていて、戦争は悲惨なものだから起こしてはいけない、戦争を起こす基地は良くないものとして浸透しているという話も出ました。私は、あまり慰霊の日のことを知らなかったのですが、このような日があることによって、沖縄の人々は、自分の土地について知り、戦争の悲惨さを確認しているのだなと思いました。しかし、私は東京に住んでいて、戦争について考えるような特別な機会というものは、そんなにはありませんでした。
 沖縄の人と自分達を比べてみると、沖縄では、上の世代から次の世代へ当時のことを語りついでいるのに対して、私たちは、そういうことが少ないので、戦争に対する意識が薄れていくのがはやいのではないかと思いました。ただし、沖縄の人にとっても基地があるのが当たり前、米兵がいるのが当たり前になってきていて、軍事基地を日常意識しなくなってしまうことがあり、それが怖いという意見もありました。小さいころから見慣れているのだから、私たちが思うほどには現地の高校生が、基地があって違和感を感じることはないのかもしれませんが、実際に戦争を経験した世代にとっては、私たちが思っている以上に違和感があり、複雑な気持ちなのではないかと思いました。
 それから印象深かったことは、将来は沖縄を出て東京で仕事をしたいといっている人が多かったことです。一緒に行った友達は、沖縄にまた行きたい、沖縄に住みたい、という人がたくさんいました。その気持ちは、1カ月たった今でも変わらない友達がほとんどでしたし、僕自身もまた行きたいと思っています。沖縄からの帰りの飛行機で沖縄を見たときに、来た時よりも軍事基地がとても目立って見えました。軍事基地のところは芝生がとっても目立ちますが、沖縄の軍事基地以外のところではそんなにありません。私には、沖縄をアメリカがのっとっているように感じました。その時に、沖縄の人が沖縄から一度は出て、東京などに行きたいという気持ちが解ったような気がしました。
 そして、交流会で、新たに感じたことは、たとえどんなに、悲惨な戦争でも、より全体的に見渡せるような広い視野でみることが、必要ではないかなということです。たとえば、平和の礎に行って改めて解った戦時中の韓国朝鮮人に関することです。韓国人慰霊塔について調べたときに、沖縄にも多数の朝鮮半島出身者が強制連行され、飛行場建設などの過酷な労働や従軍慰安婦として使役されたこと、沖縄戦では、1万人以上の朝鮮半島出身者が死亡したことを知りました。そして、平和の礎に行ったときに強制連行され死亡した朝鮮人慰安婦の遺族や、周囲の差別や日本人と同列視されることへの反発から、石碑への刻銘を拒否した人がいたことを再認識しました。このことは、日本人として、きちんと認識すべきところだと思いました。沖縄戦で被害にあった韓国の人が、どのような気持ちで、平和の礎に刻銘しなかったのかを考え、理解しなければいけないと思います。
 それに、このことは、沖縄戦だけに限定される問題ではないということを 忘れてはいけないと思いました。このような大事なことを、単に民間人を巻き込んだ、悲惨な地上戦があった沖縄という見方だけで、沖縄を見てしまうと見落としてしまいます。だから、より全体的に見渡せるような広い視野を持つこと......戦争に対して、複数の視点から見ること、とりわけ、人間を大切にする観点から見ることが大切であると思います。また、そうすることが、戦争をなくすこと……国際平和への第一歩ではないかと思います。
 

過去の反省を活かして

 今回、実際に、沖縄に行くことにより沖縄について調べたことを、さらに、深く知ることができてとてもよかったと思います。沖縄戦の特異性を理解し、軍が一般人を盾にして戦ったことなど、沖縄での地上戦がどれだけ悲惨であったかが解りました。その原因の一つである、国のために死ねという教育「米軍に捕虜になれば辱めを受け、殺される」「日本人として潔く死ね」という、皇民化教育や、日本軍の常軌を逸した、戦い方などを知ることによって、日本が当時どれだけ間違った非人道的なことをしていたのかよく解ります。私たちは、それを絶対に忘れてはいけないし、繰り返してはいけないと思います。
 沖縄が戦場になって長い年月がたち、まだ、沖縄には戦争のあと、体験した人が残っていますが、当時のことは、人々の間からだんだんと消えようとしているのではないでしょうか。戦争のむごたらしさが、ただの昔の話になってしまっては、いけないと思います。
 沖縄での戦争がどんなひどいものであったか、そして、沖縄の歴史と、戦後日本に返還されるまでの沖縄について、もっと知り、沖縄のような戦争を二度とくりかえさないようにすること、そして、この地球上に起こっている争いについてもう一度考え、沖縄で起こった戦争についての反省を活かしていかなければならないと思います。
 
 
 
ezLog 編集